早慶に合格する2月の勉強法【慶應生が解説する!】

早慶に合格する2月の勉強法【慶應生が解説する!】
Advertisement

「早慶に合格したいけど、合格するために2月何をするべきなのかわからない。参考書などはどのレベルまで終わらせるべき?合格者のペースを知りたい」

そんな悩みを抱えている人におすすめです。

この記事を読んだ後には、2月をどのように過ごすべきか分かり勉強の指針を決めることができるようになります。1歩合格に近づくでしょう。

本記事では下記の内容を解説します。

✔本記事の内容

・早慶に合格するための2月の勉強法

✔記事の信頼性

筆者は現役慶應生で大学受験の時に早慶を全勝した経験があります。塾や予備校にも行かずに独学で勉強をして合格をしたので参考になると思います。

↓の画像は実際に私が行ってきたものです。

1早慶に合格するために2月にやるべきこと

2月にやるべきことは過去問しかないです。復習もほとんどできないと思います。

ここまで来たら何をやるかやらないかを取捨選択しなければいけません。

全部を復習する時間はないのです。

2月の勉強法を知る前に1月の勉強法を見ていないよって方は下記の記事をチェックしてみてください

早慶に合格する1月の勉強法【慶應生が解説する!】

2英語

・単語

単語は試験がすべて終わるまでやり続けましょう。

今までやってきた単語帳をひたすら繰り返し復習してみてください。

何よりも単語を復習していきましょう。

単語を復習すると自分に自信が出てきます。

問題を解くときに自信を持っておくことはとても大切なことです!

・文法

弱い分野があれば復習をしましょう。

・構文

ほぼ必要ないです。

・長文

過去問を解きましょう。

3世界史

ひたすら過去問、資料集と用語集の暗記をしましょう。

暗記科目はひたすら試験が始まる直前までインプットをしていきましょう。

・過去問

・資料集

・用語集

をひたすら繰り返して覚えていってください。

・資料集

年表、地図、資料などをしっかりと覚えましょう。95%以上を覚えましょう。細かい年号や人物もすべて覚えてました。

本番に出てくることも多いので最後まで暗記を続けましょう。

・用語集

用語集も隅から隅まで覚えましょう。簡単な単語も難しい単語もしっかりと説明できるようにしましょう。

4国語

ひたすら過去問です。

答えの根拠をしっかりと本文の中から導き出せるようにしましょう。

早慶全体の勉強法を知りたい方へ

早慶全体の勉強法はこちら

【現役で慶應、早稲田すべて合格】早慶レベルの英語の勉強法や参考書など

2月の勉強法まとめ

・過去問をひたすら解く

今回は以上です。

✔おすすめの記事

【必見】おすすめの英会話スクール3選

大学受験カテゴリの最新記事